« 家紋 | メイン | 久々サッカー »

Top日々彼是 > かわいそうなことをした

1114

かわいそうなことをした

昨日は彦根城から帰ってきたから体調を崩して床についておりました。
夕飯はおでんを作っておきましたので問題ない・・・と思っていたのですが!!!


そんな考えは大間違い。

ご飯が炊ける&おでんがある&ばばさまもいる。を確認して寝室に行ったのが6時。

ウトウトとして時計を確認。7時半。

子どもたちの声が聞こえた。
テレビを観ているらしい。

もう一度、ウトウト。

長男君がベッドの横までやってきた。

「かーちゃん?だいじょうぶ?」

優しい息子だ。
台詞には続きがありまして・・・

「俺・・・おなかすいた・・・ご飯、まだやねん・・・」

Σ(- -ノ)ノ エェ!?(←こんな元気はない)
え~・・・まだって・・・もう8時やんか・・・ご飯出来てたやろ?かーちゃん、おでん作っておいたで?
ばーは?ご飯してくれへんのか?

「ばー・・・今お風呂に入ってやる(涙)・・・美味しそうなにおいはしてるんやけど・・・」

マジですかい・・・(疲
かーちゃんな?ちょっと今日は動けへんから、ばーにお願いしてご飯よそってもらい。分かったか?

「・・・・・・・・・・・うん。」

と、部屋を出て行きました。

それから20分後。
今度は次男君がやってきた。

「おかかん?ごはんやで?」

そのまま、ぎゅっと抱きついてきた。

ごはん・・・まだやったの?おなかすいたね。ごめんね。
おかかんな?ちょっと、ごはん食べれそうやないからいらへんわ。


お風呂上りと思われる髪が冷えて冷たかった。

と、無性に腹が立ってきた。
が、動けなかった   (Ο_◇_)Ο ゴンッ

ほんと、子どもたちにはかわいそうな事をしたわ。


治る病気も治らない。

コメントする