0822

小さなお客さま

長男君の親友君が昨日から遊びに来ております。

そう、熊本に行ってしまった親友君です。

ママの実家がこちらにあるのでそのついでに(笑

一晩ですが我が家にお泊まり。
仲良く二人並んで眠りました。

夜は花火。
結構沢山買ったのに全部やってしまって(笑

遅くまで二人カードゲームをして何やらぼそぼそと話しもしておりました。

今日も朝からゲーム(苦笑
ゆったりとした時間が流れております。


この小さなお客さまは気を使わなくていいので夕飯は「回転すし」朝食は「朝マック」と超手抜き(爆

ヾ(@^▽^@)ノわはは

投稿者 ELL : 09:41 AM | コメント (2) | トラックバック

0709

長男君が生まれた日のこと

丁度9年前の7月9日水曜日に長男君は生まれました。
『バケツをひっくり返した』ような大雨が降っていました。

そして、今日も丁度長男君が生まれた時刻に土砂降りの通り雨・・・

長男君が生まれた日はこんな一日でした・・・

妊娠30週から長男君は所謂『逆子』
そのまますくすくとおなかの中で育ったのです。
体操も効果なし(笑
すくすくと育ちすぎて正常分娩は不可能と診断され最初から帝王切開でと長男君の出産は決まりました。

出産前日。
いつものように家事をして荷造り。(同居中の義母も義父も留守・・・)
おおばばさま(当時は正常)と隣のおばあちゃんに「いってきまーす」と元気に(笑)病院へと向かいました。
旦那が午後から休みを取ってくれていたので『自分で車を運転して入院』という事態は免れました。

出産前の検査色々。
なんと微弱ながらも陣痛の気配。
急遽、陣痛を止める点滴スタート。・・・・・・・・・く・・・・くるしい・・・

その日は個室ではなく、ナースステーション横の大部屋(陣痛室)
ということで、旦那は一旦帰宅。

義両親・・・顔を見せず。(いや・・・来て欲しくないが『子供を早く』と五月蝿かったわりに・・・なので)


出産当日。
ご飯抜き(号泣
点滴はまだまだ続く。
旦那午前中に到着。勿論義両親は来ない。
窓の外は大雨・・・実家の母より雨が酷すぎて行けないと連絡があり義弟に迎えに行ってもらうことに。
(母は車に乗れないのでスクーターで病院まで来てくれると言っていた。)
麻酔の為の麻酔?とかの準備・・・ええぃ!ややこしい!

旦那は担当の先生から最終説明を受ける。書類にサインも。

昼過ぎ、母到着。
義両親がいないことに不満顔・・・(苦笑

午後二時
分娩室へ。元気に「ちょっと出してくるわ」と旦那と母に(笑

麻酔。
先生から『この麻酔は盲腸のときとかに使うやつといっしょで、腰に打つよ。上半身には効かないから赤ちゃんが出てきた後、顔を見ることも出来るし、生んでる間もちゃんと分かるんだよ』と説明。

『ほー・・・すごいのね。』

と、余裕綽々もココまで・・・・・

大きなおなかを抱え込むようにまーるくなる体制をとり腰の辺りに大きな注射針が・・・

痛いよぅ・・・(涙

仰向けに体制を治して麻酔の効き具合のチェック。

先生『これ痛い?』
ワタシ「痛いです」
先生『ココは?』
ワタシ「痛いです・・・・・」
先生『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・痛いのかぁ・・・』
ワタシ「はい・・・痛いのです」
先生『もう少し増やすね』

ということで、麻酔追加・・・頭の方で看護婦さんがバタバタ始めた。

また仰向けになって麻酔の効き具合のチェック。
先生『今度はどうかな?』
ワタシ「痛くはないです」
先生『何処触ってるか分かる?』
ワタシ「それはわかりますよー」
先生『・・・・・・・・・麻酔を打っている時間が長いとね、赤ちゃんに影響が出ちゃうから・・・出しましょうね♪はい、消毒。』

ひんやりとした感覚が下腹部に・・・

婦長さんと担当の看護婦さんがそれぞれ左右の腕を押さえた。
婦長さんと目が合う。婦長さんはにっこりと笑って
「すぐに終わるから。がんばりましょうね」と声をかけてくれました。

その直後、先生の「はい、切りますね」の言葉の後、言い表せないような激痛が下腹部に走った。

その痛さがまだおなかの中にいる長男君に伝わる。何度も何度もおなかを蹴り上げる長男君。
それからの先生の手際はよかった。多分、長男君をとり上げるまで数分もかかっていないだろう。
長男君を取り出した瞬間にワタシは全身麻酔へと切り替えられた。
深い眠りに入る遠くで長男君の声と婦長さんの「大きな男の子ですよ。元気ですよ」の声が聞こえた。

このまま死んでしまってもいいと可笑しなことを思いながら眠りに付いた。

産後の処置が終わり元いたベッドへ・・・
普通の妊婦さんは歩いて戻るのだが、意識のないワタシは誰かに抱きかかえられベッドへと戻った。

酸素マスク。
朦朧としたままの意識。色々な会話が別次元で聞こえてくる。
数時間・・・とっくに意識が戻ってなければならない時刻にワタシはまだ朦朧としたままだった。
耳元で母の声が聞こえる。ぶつぶつと何か言っている。
何か声をかけなければ・・・と思ったのですが、言葉が出ない。
旦那もずーっと隣に座っている。
ちょっとだけ手が動いた。それに気が付いた母がワタシを見る。
慌ててナースステーションに行った母。

もしかして・・・ワタシってヤバかった?とその時思いました(笑)鈍いのね。

看護婦さんが長男君を連れて胸の上に乗せてくれました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・重い。

「おかあさん、がんばったね。へその緒も首に巻いてて帝王切開は正解やったんよ。ほんま、ようがんばったわ」と看護婦さんが褒めてくださいました。

3310グラムと大きく生まれた長男君。保育器は必要のない大きさだったのですが念のためにと、保育器の中へ・・・(入るのか?)

まぁ・・・それはおいといて。

酸素マスクは装着したまま、そのまま一晩は安静と先生命令。
言われなくても動けない・・・

父も病院へと来てくれた。
母はワタシの姿を父が見ればショックを受けるからと意識が戻ってから連絡を入れたそうだ。

未だ義両親到着せず・・・仕事はとっくに終わっているはず。

両親が帰ろうとしたとき、義両親が到着。
旦那が連絡を入れたらしい・・・

母は義母のとんでもないヒトコトを聞き逃さなかった。

「なーんや・・・女の子やなかったんや・・・」

母激怒。でも、そこは病院の中。しかも産院。
我慢した母・・・偉いぞ。

負けてない母
聞こえるぐらいの小声で
「女の子生めへんかった人が何か言ってはるわ。そんなに欲しかったら今から女の子生まはったらええのにねー。後とりが要るっていわれて男生んだ子の方が偉いわー。ほほほ。」と・・・

この日から二人は口をきいていません(爆

話が逸れましたね。

長男君をほんと一目だけ見てそそくさと帰った義両親。
仕事があるからと夜半には旦那も帰って行きました。
ワタシは爆睡(笑


目の回る一日はこれでおしまい。

愛しの長男君は色々な人の力でこの世に生を受けたのです。

9歳・・・ホントに大きくなりました。
泣き虫で甘えん坊で・・・それでいて男らしい。

実家の両親は長男君を溺愛。
もし、9年前ワタシの意識が戻ることがなかったら・・・母は、長男君を引き取って育てよう・・・と考えていたそうです。枕元でぶつぶつ言っていたのはそのことだったらしい(苦笑

沢山の感謝の一日でした・・・

今年もこの日が来てよかった。


投稿者 ELL : 11:20 AM | コメント (2) | トラックバック

0705

子供の心に響く言葉

先日旦那が手配してくれた一日コーチのおっさんが昨日の夕方来てくれました。

室内用の練習道具とワタシには簡易の椅子(野球の応援の時に座るよう)を持って・・・

長男君の素振り2回でバッティング時の悪い癖を見切ったおっさん。
決して長男君を叱ることなく、
「ヒットが出てもライトしか飛ばへんやろ?そうか3塁方向ボテボテのファゥル。クリーンヒットやとしてもまぐれのセンターど真ん中やろ?」
とにっこり。

長男君、唖然(笑

おっさん、小さい声で旦那に何処が悪いのか理論的に説明してました。

『最近の指導者は、自分のチームが勝つってことだけに一生懸命で子供一人一人を見てないんだよ。だから伸びない。悪い癖のまま「小学生の時は上手かった」子になるんだよ。』と・・・

長男君の関節の稼動域を確認して、「大丈夫、ちゃんとしたフォームを覚えたら早くて強い球が投げれるぞ」と長男君に言ってくださいました。

バッティングフォームも「ちゃんと腰が回ってて出来てる。おっちゃんが言うところを直したらホームランが打てるぞ。」と・・・

決してけなさない。
凄いです。

子供の目を見て『絶対できる』と言ってくださり、長男君キラキラしてました。

幾つかフォーム等確認しながら矯正してくださったのですが、出来た時は『ちゃんと出来てるやんか。ええぞ』と褒め、出来ないときは『もう一回』とだけ言って決して『あかん、出来てない』とは言わない・・・
目から鱗とはこのことです。

『野球の神様はいるんや。がんばったもんだけが上手くなれるんや。道具も大事にして、勉強も一生懸命して、練習も勿論がんばる。そしたら、今上手いって思ってる奴も抜くことが出来るぞ。』

おっさんが帰った後、長男君が
「かーちゃん、ボク嬉しい。はじめて褒めてもらった。がんばれる、レギュラーとる。おっちゃんともうちょっと早く出会いたかった・・・」といいました。

またちょっとだけ成長した長男君でした。

投稿者 ELL : 08:56 AM | コメント (0) | トラックバック

古い記事↓
■June 30, 2006 08:52 AM とーちゃんのやる気 | コメント (0) | トラックバック (117)
>>>いつまで経ってもダメダメだれだれの長男君(笑 野球技術の向上 more・・・・・
■June 26, 2006 10:52 AM 愛しの長男君(2) | コメント (0) | トラックバック (882)
>>>もうすぐ(7月9日)長男君の生誕記念日でございます。 御歳9 more・・・・・
■June 19, 2006 04:41 PM にわかサッカーかぶれ | コメント (0) | トラックバック (132)
>>>昨夜、長男君の散髪をした。 そう、何時もワタシが子供達の髪は more・・・・・
■June 12, 2006 11:49 AM 愛しの長男君 | コメント (0) | トラックバック (14)
>>>土曜・日曜と試合続きの長男君。 いつも通りのベンチウォーマー more・・・・・
■June 3, 2006 01:17 PM かーちゃんは認めてるよ・・・ | コメント (4) | トラックバック (510)
>>>今日も元気に野球の練習へ行った長男君。 でも、最近凹み気味な more・・・・・
■May 22, 2006 09:16 AM さぷらいず! | コメント (4) | トラックバック (256)
>>>長男君がこそこそと宿題をしておりました。 自分の自己紹介等々 more・・・・・
■May 20, 2006 02:51 PM 子供は難しい | コメント (6) | トラックバック (742)
>>>3年生になった長男君。 ギャングエイジと言われるお年頃です。 more・・・・・
■May 1, 2006 09:13 AM 少年野球懇親会 | コメント (2) | トラックバック (356)
>>>昨日は長男君所属の少年野球の新入団生歓迎会を兼ねた懇親会があ more・・・・・
■April 28, 2006 02:17 PM 落っことしちゃったよ | コメント (0) | トラックバック (300)
>>>まったりとした午前中を過していた10時半。 町内電話が鳴りま more・・・・・
■April 24, 2006 06:15 PM 朗報 | コメント (4) | トラックバック (311)
>>>ニュースなのです! 引っ越してしまった長男君の親友君が、お家 more・・・・・
■April 24, 2006 10:16 AM ユニフォームとプライド | コメント (4) | トラックバック (231)
>>>回収されたユニフォームが長男君の手元に戻ってまいりました。 more・・・・・
■April 18, 2006 10:33 AM 長男君のキモチ | コメント (6) | トラックバック (2639)
>>>毎週、少年野球に通っている長男君。 新しく「後輩」も出来、毎 more・・・・・